支援情報

No Image

無料相談:失業保険の申請方法がわからない、申請されてるか確認したい等の相談があるかた、連絡くださいませ。

COVID-19によるCARES Act法のもと、失業保険適用者が拡大され、通常のW-2 (従業員)以外に、
Freelancerや、Gig worker、Independent Contractorなどの、Self-Employeeまでもが失業保険をもらえるようになりました。
それに加え、政府からの追加支給が$600(毎週)が7月31日まで加算される為、最大で毎週 $1248(州により異なる)が支給される計算になります。

失業保険の場合、 申請を受け付けた翌週から、失業保険の受給資格が発生するので、解雇された週の土曜日までに申請しないと、翌週以降の扱いになり、1週間分の受給ができなくなる為、早めに行う事をお勧めします。
※ 正確には失業保険事務所に、追加の申請をすることで、遅れて申請したとしても、
未払い分の申請を行う事は可能ですが、けっこう大変です。

どのような人が失業保険を受けられるのか?
- Workers laid off or furloughed due to COVID-19 / 解雇又はコロナによる影響で一時解雇や減給された従業員
- Workers who quit due to COVID-19 / コロナによる影響で退職した従業員
- Workers caring for children or other dependents at home / 子どもや、他の扶養家族の介護の為、自宅にいなくてはならない従業員等
- Independent ContractorやFreelanceで仕事をしている(1099-Miscの)方

お気軽にご連絡ください。

尚、ご自分で手続きが出来ない方、電話で問い合わせしたいが英語が苦手という方の為に、通訳/翻訳・手続きのお手伝いなども有料で行えます。 合わせてお問い合わせ願います。

Help on Demand

  • [登録者]LiveinUS
  • [言語]日本語
  • [エリア]Los Angeles
  • 登録日 : 2020/04/24
  • 掲載日 : 2020/04/24
  • 変更日 : 2020/04/24
  • 総閲覧数 : 401 人